やる気に満ちた2人

CONTENTS

人手不足が解消されません

最近私の会社は求人広告を5年ぶりにかける事になりました。勿論、ハローワーク等の求…

READMORE

高校生でお世話になった郵便局のアルバイト

高校生の頃に何度かお世話になった郵便局のアルバイト。 年末の頃に年賀状の仕分け…

READMORE

正社員になるためのレベルアップ

仕事の経験が少ない人やまた学生などの人は、正社員の道が狭き道となっています。 …

READMORE

求人の目的を先読みしてください

梅田でアルバイトを探している方のほとんどは、梅田のアルバイトの高収入という面に魅力を感じているでしょう。たしかに、梅田のアルバイトはどこも子収入です。ですが、なかには労働環境の悪いアルバイト先もあります。いくら高収入でもそんなところでアルバイトをするのは嫌でしょう。梅田の高収入アルバイトは働く環境にも注目して探すようにしましょう。

工場で正社員の求人募集を実施する目的は単純に二つに分けられます。企業規模の拡充か人員の補充です。
求職をされるのであれば、このどちらに該当しているのかをよく見極めてほしいのです。
同じ工場の求人募集のように見えますが、その中身は全くの別物になるためです。
まず企業規模の拡充ですが、これは能力優先よりもとにかく人が来てほしい状態になります。そのため、面接を始めとした選考基準はかなり下がります。働く中でスキルを習得してもらえれば十分ですし、そのような細かい事を言う前にとにかく人間が欲しいのです。
本業の利益を十分に確保し、今後も一層伸ばせると判断できれば、選考基準は大幅に下げてでも人が欲しくなりますね。
ただし、利益の追求が第一ですから賃金は高くはありません。学歴もあまり重視しない傾向にありましたね。
一方で、人員の補充は能力重視になります。専門性の高くはない業務であれば、社内にいる人間をローテーションさせるなどして凌げば良いのですが、専門性の高い業務ではそれが出来ません。その結果、外部から能力のある人員を要求するようになります。この場合は能力重視になるため、当然選考の基準はグンと上がります。また、賃金も高めに設定します。そうしないと人が来てくれませんからね。
このように、工場の正社員求人を出している企業がどのような目的で募集しているのかを理解するだけで、選考に臨む際の戦略を練ることが出来るようになるのではないでしょうか。

求人広告は表向きの情報が多いです

かつて勤務していた会社で新しく販売員を募集することになり、ハローワークなどの複数の媒体に求人広告を打ったことがあります。それなりに有名な媒体に広告を打とうと思ったら、広告料の高いことにびっくりしました。
ハローワークなどはお金のない会社にはありがたいですけど、地元のブラック企業がわんさか求人情報を出している側面もあります。少し怪しい会社もあります。かくいう私の勤務先も立派な会社ではないので、まともそうな応募者が「ほかの会社に決まってしまいました」と言ってくれた時には内心でほっとしました。よそへ行った方がいいよと心の中でだけ思うわけです。
会社は、求人広告には都合の悪いことは書かないので、不安定な会社かどうかは面接のときによくチェックしておくことをアドバイスします。面接のときに人事権持っているひと(中小企業の場合は社長が出てくる)が「残業代は出ません」や「有給休暇は認めていない」などと割と平気で説明している会社は、だいたいダメです。人間関係やスケジュール管理など他の面でもだいたいダメ会社と判断して間違いないです。
求人広告と違うことをやたら要求する会社も言うことがころころ変わっていく可能性が高いです。求人広告は入社した後のトラブルになったときに、どんな条件で入社に至ったのか判断するときの材料になることもあるので、一応取っておくことをオススメします。

ハローワークの求人内容について思うこと

私はここ数ヶ月、ハローワークに通い、求人をチェックすることが多くなりました。しかしながら、ハローワークの求人で求人を見つける際に必要な見方というものがあります。
まず、ネットが使える人は「ハローワーク検索」を使っていきましょう。これは、過去にハローワークで出た求人をチェックできるサイトであり、過去に採用をしていないのに求人応募ばかりをくり返している事業所などもチェックすることが可能です。
もし、3ヶ月毎に募集をかけているとすれば、試用期間内で切ってしまっている可能性も有りますので、チェックが必要です。
そもそも、なぜハローワークの求人に関してはこれだけ注意が必要なのでしょうか。それは、ハローワークは求人を出すときの金額が無料ということが挙げられます。一般の求人誌では、毎週の掲載料が万額行くこともありますので、お金に厳しい事業所はおいそれと求人を出し続けることは厳しいという現実があります。そのため、無料の求人を出しておいて、いい人が来たら採用してみようと考えている企業も多いのです。
ですから、応募する側もハローワークの求人には「無料」というハンデがついていると見なければなりません。求人票をただ眺めるのではなく、細かなところまで情報をチェックしていき、応募するようにしましょう。

やりがいのある仕事を任されることも多い工場求人は男性にとって憧れの仕事ですね!!